植毛と増毛の違いを知ろう

髪をボリュームアップさせる方法として注目されているものに、増毛、そして植毛があります。

カツラも手軽ですが、毎日装着、着脱を行う必要がありますし、見た目が不自然であること、ムレやすいなどの問題もあります。

植毛と増毛は混同されることもありますが、これらはまったく違うものです。

まず、増毛は今生えている髪に人工毛を取り付けていく方法で、医療機関ではなく、専門のサロンで行われています。
すぐに理想のボリュームを得ることができ、そのまま洗髪も行うことができ、自然の髪のような仕上がりです。

ただ、本物の髪でなないので、結びつけている自毛が抜けると人工毛も一緒に抜けてしまいますし、髪が伸びると浮き上がってしまいますので、定期的にメンテナンスを行う必要があります。

特別なOKWaveのことならお任せください。

そして、植毛は頭皮の薄くなった部分に髪の毛を植え込んでいく方法で、こちらは医療行為となり、専門のクリニックや美容外科で行われています。

植毛情報のことならお任せください。

かつては人工毛で行われることが多かったですが、今は自毛を利用しての施術が中心となり、本物の髪を復活できるようになりました。

増毛とは違い、手術が必要となりますし、髪が成長するのを待つ必要がありますが、その後は特にメンテナンスは必要なく、ヘアカットや洗髪なども自由に行うことができます。



人工毛ではなく、本物の髪ですので、一度抜けてもまた生えてきます。

採取する髪は後頭部や即頭部などの一部の髪で、こちらは男性ホルモンの影響を受けにくく、定着率にも優れています。